夜にドライヤーで乾かして、サラサラになって触り心地も良かったのに、朝起きたら、パサパサになっているということはありませんか?

髪がパサパサになっていると、スタイルも決まりにくく、テンションも下がってしまいます。

どうして朝になるとパサパサになってしまうのでしょうか?朝の髪のパサパサの治し方についてご紹介します。

朝の髪がパサパサの原因

朝の髪がパサパサになってしまうのは、髪の毛の水分が蒸発して、乾燥しているからです。

夜はしっとりとしていたと思っていても、朝起きるころにはすでに乾燥しているのです。それは、ヘアケアの仕方を改善する必要があるのです。

朝のパサパサの治し方

トリートメントを使う

髪がパサパサとしている状態は、髪を守るキューティクルが剥がれ落ちてしまい、水分がどんどん失われていっています。

お肌が乾燥している時には、水分を化粧水で補って、クリームで保護する、というケアをしていますよね。

髪も同じです。トリートメントで水分や栄養を補って、しっかりと保護することが必要です。

>トリートメントの効果について見る

夜の乾かし方を見直す

夜にドライヤーでの髪の乾かし方が間違っていると、朝のパサパサの原因になってしまいます。

夜にカラカラに乾くまで乾かすと、熱が加わり過ぎて、ダメージが加わり乾燥してしまっている場合があります。

反対にまだ濡れたままの状態で寝てしまうと、キューティクルが剥がれてしまって水分が出やすくなってしまい、乾燥したパサパサの髪になってしまいます。

髪に負担が少ないように、ドライヤーを当てすぎないような正しいドライヤーの使い方をしましょう。

>ドライヤーの正しい使い方について見る

加えて、ドライヤーを当てる前に、洗い流さないトリートメントを付けることがオススメです。

傷んだ髪を補修し、ドライヤーの熱からも守ってくれるので、朝の髪もまとまりやすい髪になります。

>洗い流さないトリートメントの効果について見る

ミストタイプのトリートメント

髪がパサパサになっている上に、無理にドライヤーやアイロンなどで熱を加えて伸ばしていると、さらに髪へのダメージが強くなってしまいます。

そういった時には、ミストタイプの洗い流さないトリートメントが効果的です。髪に浸透しやすく、軽めに仕上がるので、髪のスタイルが作りやすくなります。

>洗い流さないトリートメントのミストタイプについて見る

朝の髪のパサパサを治すには夜からのケア

朝起きたら、髪がパサパサになっているというのは、髪が乾燥しているから起こります。髪のキューティクルが剥がれている状態で、夜のヘアケアが十分ではないようです。

水分が抜けていかないように、夜にしっかりとトリートメントを行うことがおすすめです。そして、ドライヤーを正しく使って、乾かすことも必要です。

洗い流さないトリートメントを使い、ドライヤーの熱からも保護することも良いでしょう。

そして、朝のケアには無理に熱を加えて伸ばそうとするのではなく、ミストタイプの洗い流さないトリートメントのような、水分を補給してくれるものも取り入れましょう。

髪の負担を少なくし、まとまる髪に仕上げてくれます。

朝の髪のパサパサを防ぐためには、まずは夜からのヘアケアに心がけてみて下さい。