雑誌やテレビで女優やモデルを見ていると、髪がツヤツヤ、サラサラで潤いとまとまりがあると、女性らしくて美しいと感じませんか?

髪がパサパサだと、いくらメイクをしてキレイにしても見た目が台無しになってしまいます。

髪がパサパサになる原因はなんなのでしょうか?原因を見てみましょう。

髪がパサパサになる原因

年齢

年齢を重ねることで、身体の水分量は徐々に減ってしまいます。髪も同じように、水分が少なくなってしまい、乾燥しやすくなってしまうのです。

また、女性ホルモンのバランスも乱れることも原因になります。

>年齢による髪のパサパサについて見る

栄養不足

髪の成分はタンパク質でできています。それを作り出すためには、タンパク質やビタミン、亜鉛のようなミネラルが必要となります。

乱れた食生活で、栄養のバランスが悪くなると、健康な髪が作られなくなり、パサパサにつながります。

>栄養不足による髪のパサパサについて見る

ヘアカラー、パーマ

女性にとって必須と言っても良いほどの、カラーやパーマ。しかし、それらは、薬剤を使って、髪に負担を与えています。

無理にキューティクルを開いて、薬剤を髪の中に浸透させています。そうなることで、髪は弱って、水分も失われてしまうのです。

>ヘアカラー、パーマによる髪のパサパサについて見る

乾かし方

ドライヤーの熱は間違えると、ダメージにつながってしまいますが、正しくドライヤーを使って乾かすと、うるおいのある髪を保つことができるのです。

>乾かし方による髪のパサパサについて見る

乾燥

髪のパサパサは、水分が足りていない状態。

冬やエアコンのかかった室内など、外気が乾燥していると、髪が同じ様に乾燥してしまいます。

また、シャンプーの仕方や乾かし方でも髪の油分や水分が失われ、乾燥してしまうことがあります。

>乾燥による髪のパサパサについて見る

紫外線

髪も肌と同じように、紫外線によって日焼けをしてしまいます。紫外線によって、髪の表面にある、キューティクルがはがれてしまいます。

また、髪の内部にも頭皮にもダメージが加わります。切れ毛や枝毛が増えてしまう、頭皮が炎症を起こして、健康な髪が生えにくくなる、という状態になってしまいます。

>紫外線による髪のパサパサについて見る

自分の髪のパサパサの原因を見つけよう

髪がパサパサになる原因は、いろいろあります。人によっては、原因が一つではなく、何個も思い当たることがあるかもしれません。

まずは、自分の髪がパサパサになっている原因がどれなのかを見つけてみましょう。それが分かれば、どのような対策を取れば良いのかが分かってきます。

髪のパサパサを改善する方法もそれぞれで異なります。しっとりとなめらかな髪にするために、自分の髪や頭皮の環境を見直してみてはいかがでしょうか。