髪を洗った後は、乾かしていますか?ドライヤーで乾かしている人、自然に乾くのを待っている人、といると思います。

その乾かし方によって、髪がパサパサになってしまう原因を作っているかもしれません。髪は乾かし方によって、髪の状態が変わってくるというのです。

髪がパサパサになってしまう乾かし方を見てみましょう。

髪がパサパサになる自然乾燥

自然乾燥

ドライヤーの熱が加わることで、髪のダメージになることを心配して、自然に乾燥するのを待っているという人もいます。

それは、実は髪のダメージにつながります。濡れたままの髪は、もっとも傷つきやすい状態になっているのです。

そして、髪に付いた水分が蒸発するのと一緒に、髪の水分までも蒸発してしまうので、乾燥が進んでしまい、パサパサになってしまいます。

タオルでの摩擦

タオルで水分をしっかりと取ることは、必要なことだと思います。ただ、自然に乾燥させるために、たくさんの水気を取ろうと思い、タオルと髪をゴシゴシとこすりつけてはいけません。

髪の表面のキューティクルがはがれてしまい、乾燥しやすくなってしまいます。タオルでしっかりと押さえるようにして、水気を取るくらいが良いのです。

濡れたまま寝てしまう

濡れたままの状態で寝てしまうと、枕との間に摩擦が生まれてしまい、キューティクルが傷ついてしまいます。

また、雑菌が繁殖してしまいやすくなるので、髪の表面や頭皮にダメージが加わってしまいます。

抜け毛や頭の臭いにもつながってしまいます。

髪がパサパサになるドライヤーの使い方

髪をパサパサにしないためには、ドライヤーの使い方が大切になります。間違った使い方をしていると、髪がパサパサになってしまいます。

>正しいドライヤーの使い方を見る

長時間当てる

髪を乾かす時に、完全に乾かすまでドライヤーを当て続ける必要はありません。長時間当て続けていると、当然髪は熱くなってしまい、熱によるダメージを受けてしまいます。

8割くらい乾いたと思ったら、止めましょう。余熱で髪は乾くのです。

毛先に当てる

ドライヤーで髪を乾かす時に、毛先に当ててしまう人が多いのです。しかし、髪の根元が乾きにくいので、毛先に当てていると、なかなか乾きません。

そうなると、毛先ばかりに集中して熱を加えてしまい、毛先がパサパサになってしまいがちです。

根元から乾かすようにすると、毛先も自然と乾いていきます。

ドライヤーを近づけすぎない

早く乾かそうと思って、ドライヤーを髪の近くに当てすぎると、髪にも頭皮にも負担になります。

15~20cmは離して使うようにしましょう。

髪の乾かし方でパサパサになっている

髪に良いと思って自然乾燥にしていた人もいるかもしれません。しかし、それは、髪の摩擦を生み、パサパサの髪につながってしまっているのです。

そして、髪には正しくドライヤーを使うのが良いのですが、間違った使い方をしている人も多いようです。

毎日のことで、無意識にしているかもしれませんが、自分がどのように髪を乾かしているのか見直してみましょう。