髪がパサパサ、ゴワゴワになっていると、髪がまとまらず、嫌になってしまいませんか。女性の髪は、しっとりとしなやかにまとまって欲しいですよね。

髪がパサパサとしているのは、水分が足りず乾燥している状態です。どうして髪は乾燥してしまうのでしょうか?

髪がパサパサになる乾燥の原因について調べました。

髪がパサパサになる乾燥の原因

髪が乾燥しているのは、髪を保護するキューティクルがめくれたり、剥がれたりして、髪の内部の水分が失われてしまっている状態です。

また、キューティクルが整った、健康な髪が生えてこないということもあります。

髪の水分が失われてしまう原因について見てみましょう。

外気が乾燥している

冬は髪の毛が乾燥しやすくないですか?それは、冷たく乾燥した外気に触れているからです。

しかし、冬だけではないのです。夏もエアコンの風に当たったり、エアコンのきいた室内にいたりする時も、空気が乾燥した状態になっていて、髪の水分が奪われやすいのです。

シャンプーの仕方

シャンプーをする時に、ゴシゴシの摩擦を加えすぎることも、キューティクルが剥がれる原因となります。

摩擦が起きないように、シャンプーを直接髪につけるのではなく、一度泡立ててから使うようにすると良いでしょう。

>シャンプーの正しい洗い方について見る

また、水気をふき取る時にも、タオルでゴシゴシすることで、摩擦が生まれてしまいます。優しく押してふき取りましょう。

ドライヤーやアイロンの熱

髪の毛はタンパク質でできています。よって、高い熱が加わってしまうと、キューティクルも形がかわってしまい、元に戻ることができなくなります。

ドライヤーやアイロン、カーラーなどで長時間熱を加えることが、キューティクルを壊し、髪の乾燥につながります。

自然乾燥

髪は濡れている時に、一番キューティクルがはがれやすくなり、ダメージが加わりやすくなります。

髪の毛同士がすれることでも、キューティクルが壊れてしまいますし、そのまま寝てしまうと、枕でもこすれて刺激になります。

自然乾燥よりも正しくドライヤーで乾かす方が良いのです。

>ドライヤーの正しい使い方について見る

食生活の乱れ

髪の毛を成長させるためには、食べ物から摂った栄養素が必要です。栄養バランスが乱れてしまうと、健康な髪にならず、パサパサと乾燥した髪になってしまいます。

タンパク質、ビタミン、ミネラルを積極的に摂取すると良いでしょう。

>髪のパサパサを改善する食べ物について見る

女性ホルモンの乱れ

髪の毛の発育は、女性ホルモンが関わっています。女性ホルモンが少なくなると、髪の毛のハリやコシがなくなって、乾燥しやすくなってしまいます。

女性ホルモンのバランスはストレスや加齢によって崩れてしまいます。加齢は避けられませんが、ストレスは溜めないような工夫をしてみると良いでしょう。

髪のパサパサは乾燥して髪の水分が少ない状態!

しなやかな髪は、表面がキューティクルに覆われて水分が保持されている状態です。パサパサの髪は、キューティクルがはがれて、水分が少なく乾燥してしまっています。

乾燥する原因には、外気が乾燥している、髪に摩擦や熱で負担を与えているということや、水分が保持できる健康な髪が生えてこないという状態など、様々です。

自分の髪のパサパサが、何の乾燥からきているのか、原因を探してみましょう。