夏になって、紫外線が強くなってくると、身体や顔には日焼け止めを塗りますよね。それは、紫外線によるダメージから肌を守るためです。

では、髪はどうしていますか?そういえば、夏に紫外線を浴び続けた髪は、パサパサになっていませんか?

紫外線による髪への影響をご紹介します。

紫外線で髪がパサパサになる原因

髪へのダメージ

髪の毛は顔の肌の5倍以上の紫外線のダメージを受けていると言われています。

髪の構成成分はケラチンというタンパク質で、シスチンというアミノ酸が結合してできています。

紫外線のUV-Bはこのシスチンの結合を分解してしまいます。そうなると、髪の表面にあるキューティクルがはがれてしまい、水分が失われ、パサパサの髪になってしまいます。

また、髪の内部にもダメージが加わり、髪がスカスカになってしまい、切れ毛や枝毛の原因にもなります。

一度、紫外線によって傷んでしまった髪は、元には戻りません。

頭皮への影響

髪にもダメージが加わりますが、頭皮にも日焼けが起こります。

頭皮が日焼けしてしまうと、頭皮が乾燥しやすくなってしまったり、髪の毛を作り出す、毛母細胞が破壊されてしまったりしてしまいます。

そうなると、健康な髪が生えてなくなり、乾燥しやすいパサパサの髪の毛になってしまいます。

髪の紫外線ケア

日焼け止め

肌に日焼け止めを塗るのと同じように、髪にも日焼け止めを塗りましょう。ただ、肌と同じクリームは使えないので、髪用のスプレータイプのような日焼け止めを選びましょう。

髪だけでなく、頭皮にも付けるようにすると良いでしょう。

洗い流さないトリートメントの中には、紫外線からのダメージから守ってくれるものもあるので、髪に潤いを与えながら、保護してくれるものはおすすめです。

帽子や日傘

日焼け止めを塗ってから、さらに帽子や日傘で紫外線を防ぐと、日焼け止め効果がアップします。素材もUVカット加工がされているものの方が、安心できます。

アフターケア

長時間レジャーや海などで、髪に紫外線を浴び続けた後は、アフターケアをするのが重要です。

トリートメントや洗い流さないトリートメントを使って、髪の内部に栄養分を浸透させて、傷んでしまった、キューティクルを補修するようにしましょう。

>トリートメントの効果について見る
>洗い流さないトリートメントの効果について見る

また、日焼けをしてしまった頭皮は、敏感になっている場合があるので、いつもよりもさらに刺激を与えないように、ブラッシングやシャンプーには気を付けるようにしましょう。

ヒリヒリとする場合は、冷やすようにして、それでも赤く炎症が起きているという時には、皮膚科を受診するようにしましょう。

紫外線によって髪はダメージを受けてパサパサに

髪は紫外線を受けることによって、髪の成分であるタンパク質が変性してしまい、キューティクルがはがれやすくなってしまいます。

そして、潤いがなくなってしまうので、パサパサになってしまいます。さらに空洞のようになってしまうので、切れ毛や枝毛のような傷んだ髪になります。

また、頭皮も紫外線によってダメージを受けることで、健康的な髪が生えてこなくなるため、ハリや潤いがない髪になってしまうのです。

日焼け止めスプレー、帽子、日傘などで、髪も紫外線対策をする必要があります。紫外線を防いで、髪がパサパサになるのを防ぎましょう。