女性にとって髪の毛の状態は、肌と同じくらい毎日気になりますよね。しかし、パサパサになって悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

そんな中、リシリッチは髪をしっとりさらさらな健康な状態にしてくれることで人気です。

リシリッチには何が含まれているのでしょうか?危険な成分は含まれていないかも気になります。

リシリッチの主成分や副作用についてご紹介します。

リシリッチの主成分

リシリッチには、厳選された50種類の美容液成分がたっぷりと配合されています。

シアバターやアルガンオイルなどのオーガニック植物オイルもふんだんに入っています。その中の主成分を見てみましょう。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸と言えば、肌にも良く、保湿成分として知られていると思います。ヒアルロン酸は1gで6リットルもの水分を保持することができると言われています。

リシリッチの潤いの秘密は3種類のヒアルロン酸です。

浸透型ヒアロオリゴ

浸透型ヒアロオリゴは、髪の内側にまで浸透して、髪に潤いを与え、保湿力を持続させてくれます。

吸着型ヒアロベール

吸着型ヒアロベールは、ヒアルロン酸の特徴である「保湿力」や「粘弾性」から、髪の表面に吸着して、洗っても流れ落ちません。

潤いのベールを作り、髪を包み込んでくれるので、つるつるで健康な髪になれます。

保護型ヒアロリペア

保護型ヒアロリペアは、保湿とともに、バリア機能を高めることができるというヒアルロン酸です。

髪を保護して、水分の蒸発を防いでくれます。

3種類のヒアルロン酸が配合されていることで、しっとりして落ち着いた髪の毛になります。

>ヒアルロン酸の効果について見る

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーは女王蜂だけが食べられる、栄養価の高い食べ物です。健康食品やサプリメントに良く含まれていますが、髪にも良い影響を与えてくれます。

タンパク質やアミノ酸、ビタミン類、ミネラル類を含まれているので、傷んだ毛髪を保護して、健康な髪へと導いてくれます。

>ローヤルゼリーの効果について見る

利尻昆布エキス

リシリッチの名前の由来となる、保湿効果のある利尻昆布エキス。北海道利尻島で採れる、天然利尻昆布から抽出されています。

昆布のヌルヌルの成分であるフコイダンが髪に潤いを与えてくれます。そしてアミノ酸の一つである、アルギニン酸によって、保湿力が高まります。

ミネラルもたくさん含まれていて、髪を健康に保ってくれます。利尻昆布エキスは髪をしっとりと保湿してくれる天然成分です。

リシリッチは低刺激

リシリッチは、パラベン、香料、鉱物油など、肌や髪に刺激のある成分は無添加というこだわり。肌が弱い人でも使用できる、低刺激な処方です。

>パラベンの効果について見る

そして、ノンシリコンです。髪の表面をコーティングしてしまう、シリコンが入っていないので、美容成分が髪の内側へ浸透しやすくなります。

頭皮に付いたとしても、シリコンの成分が刺激になることもありません。

>ノンシリコンの効果について見る

リシリッチの副作用

リシリッチは肌にも髪にも優しい成分で作られているので、副作用が出るような危険性はありません。

自社で製造しており、安全性にも効果性にも自信がある商品なのです。

リシリッチは髪に潤いを与えてくれる

リシリッチは、50種類の美容成分が配合されているという贅沢な洗い流さないトリートメントです。

保湿成分であるこだわりのヒアルロン酸や、栄養価が高いローヤルゼリーで、しっとりと健康的な髪になれます。

名前にも含まれている、利尻昆布エキスは保湿力を高めてくれる特徴成分です。

刺激になるような成分を一切配合していない無添加処方、ノンシリコンで、髪に優しく、ハリや潤いをよみがえらせてくれます。

リシリッチで、健康的で内側から潤った髪の毛に復活させましょう。