最近はノンシリコンシャンプーやトリートメントが髪に良いということで、多く見られるようになりました。

しかし、実際には、「シリコンが髪に悪いもの」という認識で、シリコンがどのように髪や頭皮に影響しているのか、知らない人も多いようです。

シリコンシャンプー、トリートメントは髪に悪いということなのでしょうか?ノンシリコンとシリコンの違い、シリコンの効果についてご紹介します。

シリコンシャンプーについて

シリコンについて

シリコンは、ケイ素に化学的処理をした合成樹脂です。安全性は確認されていて、ヘアケア商品、化粧品、食品の加工や医薬品にも使用されています。

シリコンは、キューティクルに付着して表面をコーティングする効果があるので、ツヤを出し、手触りを良くするために、シャンプーやトリートメントなどに広く使われています。

人工的に作られているものなので、天然素材やオーガニック素材にこだわる人が増えてくると、避けられるようになりました。

シリコンシャンプーのメリット

シリコンシャンプーには、シリコンによって、広がりやすい髪もしっとりとまとめる、ツヤのある髪に仕上げるなどの効果があります。

また、シリコンによって、髪同士の摩擦を減らしたり、ドライヤーの熱から守ってくれたりする働きもあります。

シリコンシャンプーのデメリット

  • 髪の傷みが進む。
  • パーマ剤やカラー剤が浸透しにくくなってしまう。
  • 洗い残しが頭皮に残る

シリコンは、髪をコーティングするだけなので、髪の毛自体を補修したり、保湿したりして改善する成分ではありません。

よって、シリコンに頼り続けると、髪の傷みが進んでしまう場合があります。

シリコンは「頭皮に残り、毛穴をふさいでしまう」と言われますが、しっかりと洗い流せば問題はありません。

洗い流しが不十分だと、頭皮に残ってしまい、抜け毛やかゆみなどのトラブルにつながります。

パーマやカラーを良くする人は、シリコンシャンプーは向かないでしょう。

ノンシリコンシャンプーについて

ノンシリコンシャンプーのメリット

  • すっきりと洗い上がり、サラサラになる
  • 自然なボリュームが出る
  • 合成物ではないので安心できる
  • 髪が健康になる

髪にコーティングしない分、ペタンコにならないので、ふんわりサラサラに仕上げることができます。

トリートメントが浸透しやすくなるので、髪が健康になりやすくなります。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

  • 髪がキシキシする
  • パサパサする
  • 熱に弱くなる

ノンシリコンシャンプーだと、髪がコーティングされないので、指通りが悪くなり、キシキシと絡みやすくなってしまいます。

枝毛や切れ毛が多く、ダメージが強い髪にはノンシリコンシャンプーだとさらにごわついてしまう可能性があります。

そして、髪を乾かす時に、ドライヤーをそのまま髪に当ててしまうと、髪がパサパサになってしまいます。

洗い流さないトリートメントを使用して、髪を保護すると良いでしょう。

>洗い流さないトリートメントの効果について見る

ノンシリコンだから髪に良いわけではない

ノンシリコンシャンプーが人気になってきて、「ノンシリコンシャンプーを使っているから、髪に良い」と思っていませんか?

シリコンが悪者というわけではないのです。「シリコンが毛穴に詰まって、健康な髪が生えにくくなる」ということを聞きますが、シリコンだけが原因で毛穴に詰まっているわけではないのです。

洗浄力が強すぎる成分のせいで頭皮が乾燥していたり、シャンプーがきれいに洗い流せていなかったりするなど、いくつかの要因が重なることで、毛穴が詰まることにつながります。

また、ノンシリコンと言いながらも、シリコンと同じような働きをするカチオン剤という成分が入っている場合もあります。

ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーを使い分けよう

ノンシリコンシャンプーが人気になっていますが、ノンシリコンシャンプーが髪に良いというわけではありません。

そして、シリコンシャンプーが悪いというわけでもありません。それぞれの特性があるので、自分の髪に合わせて選ぶのが良いのです。

シリコンシャンプーは髪をしっとりとまとめられるので、髪の傷みが激しい人、髪が広がりやすい人におすすめです。

ノンシリコンシャンプーは、髪をふんわりサラサラに仕上げたい、パーマやカラーを良くする人におすすめです。

シャンプーを選ぶ時には、シリコンだけにとらわれないようにして自分のなりたい髪に合わせて使い分けるようにしましょう。