シャンプーにコンディショナーを混ぜて使うと、「髪に潤いが出るのでは?」と思ったり、「一度に全て終わって楽なのでは?」と思ったりする人がいるとのこと。

リンスインシャンプーがあるくらいなら、シャンプーとコンディショナーを自分で混ぜて使っても良いような気もしてしまいますよね。

シャンプーとコンディショナーを混ぜて使うとどうなるのでしょうか?混ぜた時の効果について調べました。

シャンプーとコンディショナーを混ぜる

正しい使い方

シャンプーは髪と頭皮の汚れを取り除くためのものです。コンディショナーは、髪にコシを与えて、髪を保護する働きがあります。

また、静電気を抑えてサラサラに仕上げる効果があります。シャンプーはマイナスの電気を帯びていて、その後コンディショナーで+の電気に帯電させて打ち消す作用があります。

シャンプーとコンディショナーを混ぜてしまうと、マイナスとプラスでお互いに打ち消しあってしまうので、それぞれの効果がなくなってしまいます。

シャンプーをしっかりと洗い流した後に、コンディショナーで仕上げることが正しい使い方なのです。

シャンプーとコンディショナーを混ぜた時の効果

シャンプーとコンディショナーをませてしまった場合、危険があるというわけではありません。

ただ、汚れが落ちないまま、髪をコーティングするようになってしまうので、べたつきのある髪になってしまいます。

また、頭皮にも汚れが残ってしまうので、毛穴が詰まりやすくなり、フケやかゆみ、抜け毛の原因になってしまいます。

シャンプーに混ぜると良いオイル

シャンプーにコンディショナーを混ぜても、髪に良い効果はありませんが、オイルを混ぜると、髪に良い効果が得られます。

シャンプーに混ぜると良いオイルについて見てみましょう。

ホホバオイル

ホホバオイルを混ぜたシャンプーで、頭皮をマッサージしながら洗うと、シャンプーの成分が毛穴に浸透して、毛穴の皮脂の汚れが落ちやすくなります。

そして、頭皮の肌の新陳代謝が高まるので、皮脂分泌のバランスも整い、頭皮の環境が良くなり、育毛効果があります。

オイル成分によって、まとまりの良いしっとりとした髪になります。2、3滴をシャンプーに混ぜて使うと良いでしょう。

オリーブオイル

天然のオリーブオイルもシャンプーに混ぜると良いでしょう。オリーブオイルには、髪や頭皮に有効なビタミンEが豊富に含まれています。

>ビタミンEの効果について見る

血流を良くしてくれるので、栄養が毛根に届きやすくなるので、健康な髪が生えてきやすくなります。

使用する時には、食用のオリーブオイルではなく、美容専用に作られたオリーブオイルを使うようにしましょう。

シャンプーとコンディショナーを混ぜる効果はない

シャンプーとコンディショナーを混ぜて使うと、それぞれの働きが打ち消しあってしまうので、効果がなくなってしまいます。

また、混ぜて一緒に使ってしまうと、コンディショナーの成分が頭皮に残ってべたべたしたり、毛穴に詰まって、かゆみやフケ、抜け毛などのトラブルにつながったりする恐れがあります。

シャンプーに何かを混ぜて美髪の効果を得たいのであれば、オイルがおすすめです。毛穴の汚れを落としやすくしたり、潤いを与えてくれたりする効果が見られます。

シャンプーとコンディショナーは混ぜて使わないようにするのが良いでしょう。