リンスインシャンプーがあるから、自分でシャンプーとリンスを混ぜて使っても良いような気がしませんか?

シャンプーとリンスを混ぜて使うとどのようになるのでしょうか?リンスインシャンプーとの違いはあるのでしょうか?

シャンプーとリンスを混ぜた時の髪への効果について調べました。

リンスインシャンプーについて

リンスインシャンプーは、1990年代前半に、シャンプーとリンスが一緒にできる画期的な商品として、人気になりました。

現在では種類は減りましたが、ホテルや温泉で見かけたり、ドラッグストアにも売っていたりしています。

最大のメリットとしては、シャンプーとリンスを一度に済ませることができるので時短になるということです。その他にも、経済的、節水、持ち運びに便利などの良い点があります。

ただ、リンスインシャンプーのリンスの成分は、どうしても保湿や保護の作用が通常のリンスよりも劣るため、髪にダメージが強い人には向きません。

時間がない時や忙しい時には、リンスインシャンプーが役立ちます。しかし、髪のケアを考えるならば、通常のシャンプー、リンスやコンディショナーを使う方が良いでしょう。

シャンプーとリンスを混ぜた時の効果

リンスインシャンプーにはならない

通常のシャンプーとリンスを混ぜても、リンスインシャンプーにはなりません。

それは、リンスインシャンプーに入っているリンスの成分は、シャンプーで洗浄しても残るように、リンスの分子を高分子に精製しているからです。

リンスの高分子の成分は、水に溶けにくく、シャンプーの分子は小さくてすぐに水に流れる性質です。よって、シャンプーを流した後に、リンスの成分が髪に残っているという仕組みなのです。

機能しないものになる

シャンプーとリンスを混ぜてしまうと、シャンプーとしても、リンスとしても機能しないものになってしまいます。

シャンプーの分子はマイナスイオン、リンスの分子はプラスイオンなので、お互いに作用を打ち消してしまうのです。

自分でシャンプーとリンスを混ぜて使用しないようにしましょう。

シャンプーとリンスは混ぜて使わないようにしよう

シャンプーとリンスを混ぜて使っても、リンスインシャンプーになるわけではありません。

リンスインシャンプーはリンスの分子を高分子にして、洗い流しても、髪にリンスの成分が残りやすいようにしてあるのです。

自分でシャンプーとリンスを混ぜると、お互いの作用がなくなってしまい髪への効果がないものになってしまいます。

一度にシャンプーとリンスを済ませて時間を短縮させたいという人は、きちんとリンスインシャンプーを購入して使用するようにしましょう。