シャンプーやトリートメント、コンディショナー、洗い流さないトリートメントなど、ヘアケア製品のどれかは毎日使用している人がほとんどだと思います。

毎日髪や頭皮に触れるものだから、安全な成分のものを使いたいですよね。

しかし、成分表示を見ても、何が危険な成分なのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

シャンプーやトリートメントなどのヘアケア製品に含まれている危険な成分について調べました。

シャンプーの危険な成分(トリートメント、コンディショナー、洗い流さないトリートメントも含む)

ラウリル硫酸Na

ラウレス硫酸Naは乳化剤や発泡剤として、シャンプーに配合されることのある、界面活性剤です。

安く手に入る成分ですが、頭皮や髪に強い刺激性があるので、乾燥しやすくなったり、かゆみや赤みが出たりする原因となってしまいます。

また髪や頭皮のタンパク質を変性させてしまう危険性があるので、ダメージが多くなります。

>ラウリル硫酸Naの特徴について見る

ラウレス硫酸Na

ラウレス硫酸Naは上にあげた、ラウリル硫酸Naの刺激を弱くして作られた界面活性剤です。

現在はヤシ油から製造されている植物由来の成分がほとんどです。ただ、植物由来だからといって、肌に優しいというわけではありません。

市販の多くのシャンプーに配合されていますが、洗浄力が強いので、刺激が少し弱くなっていたとしても、髪や頭皮にダメージは加わりやすい成分です。

>ラウレス硫酸Naの特徴について見る

ベンジルアルコール

ベンジルアルコールは、無色透明の液体で芳香族アルコールの一つです。防腐剤や殺菌剤として配合されていることがあります。

旧表示指定成分で、肌への刺激性があるため、肌が弱い人は避けた方が良い成分です。

エデト酸塩(EDTA)

エデト酸塩は、キレート剤として使用されています。エデト酸塩が金属イオンと結合して、変色や酸化を防ぐ働きをしています。

旧表示指定成分の一つで、アレルギー反応が起こる可能性がある成分です。

合成香料

シャンプーやコンディショナーには、良い香りがついていることがほとんどです。天然の香料の場合は良いですが、合成香料が使用されていることも多くあります。

天然に存在しない香料には、次のようなものがあります。

  • イソオイゲノール
  • 桂皮アルコール
  • 桂皮アルデヒド
  • 安息香酸

皮膚から吸収されて、アレルギー反応を起こしてしまう人もいます。髪や頭皮にもダメージが加わることもあるので、強い香りの合成香料使用のシャンプーにも気を付けた方が良いでしょう。

合成着色料

シャンプーやトリートメントには、きれいな色が付いていることが多いと思います。緑なら植物、ピンクなら花など、イメージがわきやすくなるからです。

素材の色ならばよいですが、着色料によって色が付いている時には、注意が必要です。

天然の植物からとれる着色料は良いですが、「タール系色素」と呼ばれる合成着色料が危険とされています。

皮膚の炎症やアレルギー症状の原因になると言われています。〇色〇号というように表記されているものです。

発がん性の証明はされていませんが、リスクがあるかもしれないので、着色料の確認をしてみるようにしましょう。

無添加処方が良い?

「無添加処方」と言われると、髪や肌に安心で、安全なものだと思いますよね。しかし、無添加という言葉に、決まりはないのです。

一般的には、「旧表示指定成分」が配合されていないという意味で使われています。旧表示指定成分とは、1980年に厚生省が出した、アレルギーを引き起こす可能性がある102種類の成分のことです。

現在では、102種類以外にもアレルギーのリスクが高い成分も発見されています。そのリスクの高い成分が配合されていたとしても、「無添加」という表示になります。

必ずしも、無添加処方が安全という保証にはならないので、何の成分を添加していない無添加処方なのかを確認する必要があります。

危険な成分の確認をして髪と頭皮を守ろう

シャンプーやトリートメントなどのヘアケア製品は、どれも「しっとりまとまる」「サラサラの美しい髪に」というような、キャッチフレーズが付いています。

しかし、中に入っている成分を見ると、髪や頭皮に刺激になるような危険な成分が入っている場合もあるのです。

特に敏感な肌、乾燥しやすい肌の人は注意して成分表示を確認するようにしましょう。

無添加処方といっても、安全かどうかはわかりません。健康な髪と頭皮を守り、美髪を目指すなら、ヘアケア製品の危険な成分を知って、確認をしてから使うようにしましょう。