肌の手入れをしっかりしていても、女性は髪がパサパサしていると、残念ながら全体的に美しくは見えません。

アスタリフトは化粧品として知っている人も多いと思いますが、シャンプーがあるのをご存じでしたか?

髪にもエイジングケアができることで人気のようですが、どのような成分が働いているのでしょうか?

また、副作用の危険性はないのでしょうか?アスタリフトのスカルプフォーカスシャンプーについて見てみましょう。

アスタリフトスカルプフォーカスシャンプーの主成分

ナノアスタキサンチン

アスタリフトの最大の特徴であるアスタキサンチンは、このシャンプーにも配合されています。

優れた抗酸化力があるアスタキサンチンを、独自のナノ化の技術によって、頭皮の毛穴へしっかりと浸透させることができます。

紫外線やドライヤーの熱などの乾燥や外的な刺激から髪を守って潤いを与えてくれます。

→75、アスタキサンチンの効果について見る

ヒト型ナノヘアセラミド

髪は傷んで弱っていくと、髪の毛の内部がスカスカに空洞が出来てしまうことが分かっています。

そうなると、ハリやコシの無いまとまりにくく、パサパサの髪になってしまいます。そこで、必要なのがセラミド。

髪にもともとあるセラミドをナノ化したものがヒト型ナノセラミドです。空洞化した髪の内部に浸透し、髪表面のはがれたキューティクルも補修して、ハリやコシのある若々し髪を導いてくれます。

ナノグリチルレチン酸

グリチルリチン酸は育毛効果が高いので、多くの育毛剤に使用されています。甘草という植物から抽出されている成分です。

抗炎症作用があり、健やかな頭皮にすることができます。

そんなグリチルレチン酸を富士フイルムの技術によって、肌に安全に浸透させるために開発されたのが、ナノグリチルレチン酸です。

育毛成分がしっかりと浸透してくれるのです。

→74、ナノグリチルレチン酸の効果について見る

水溶性コラーゲン

コラーゲンは肌のハリを出すものとして良く知られています。コラーゲンはもともとは水に溶けない性質のものです。

水溶性コラーゲンとは、動物の真皮を原料にして、低温で溶かして抽出された、コラーゲン水溶液のことです。

水溶性コラーゲンは保湿力が高く、頭皮や髪にも浸透して、潤いを与えて保護してくれます。シャンプーをするだけでも、指通りが良い髪になれます。

アスタリフトスカルプフォーカスシャンプーの副作用

パラベンフリーではない

アスタリフトスカルプフォーカスシャンプーは、防腐剤としてメチルパラベンが入っています。防腐剤の中では有名で聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

アレルギーやシミやしわの原因になる可能性があることで、「パラベンフリー」としているものの増えてきています。

添加物が一概に悪であるとは言い切れませんが、あらゆる刺激を避けたいというのであれば、使用を控えた方が良いでしょう。

→70、パラベンの危険性について見る

ノンシリコン、ラウリル硫酸フリー

アスタリフトスカルプフォーカスシャンプーはシリコンが頭皮や髪に与える悪影響がないように、ノンシリコン処方になっています。

→69、ノンシリコンの効果について見る

また、洗浄剤として、肌に刺激になると言われているラウリル硫酸も含まれていません。

→66、ラウリル硫酸の危険性について見る

アスタリフトスカルプフォーカスシャンプーは、肌への刺激が残らないようにしていて、安心です。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーとは、アミノ酸と脂肪酸と言われる洗浄成分を混ぜて作られているシャンプーのことです。

アミノ酸は私達の身体、皮膚、髪の構成成分です。よって、肌への刺激が少なく、髪にやさしいとされています。

アスタリフトスカルプフォーカスシャンプーは、頭皮への刺激が少ないアミノ酸系シャンプーですので、頭皮への副作用の心配はほとんどないでしょう。

アスタリフトスカルプフォーカスシャンプーで頭皮も髪もエイジングケアしよう

アスタリフトスカルプフォーカスシャンプーは、富士フイルムによって開発された、頭皮も髪もエイジングケアができるというシャンプーです。

富士フイルムの研究技術によって、ナノ化された成分がしっかりと頭皮や髪に浸透することで、健やかな頭皮、ハリやコシのある若々しい髪になることができます。

髪に優しいアミノ酸系シャンプーで、ノンシリコン、ラウリル酸フリーと髪や頭皮に優しい処方になっています。

潤い成分や美容成分がたっぷりと浸透するアスタリフトスカルプフォーカスシャンプーで、美しい髪を手に入れて下さい。