毎日シャンプーをしている女性がほとんどだと思います。では、どのように頭を洗っていますか?

「考え事をしながら」、「何も考えずに」など、ゴシゴシと何気なく洗っている人が多いかもしれません。

しかし、シャンプーの仕方を変えるだけで、髪がきれいになることがあるというのです。髪がパサパサを改善することもできるかもしれませんよ。

正しい洗い方についてご紹介します。

髪のパサパサを改善する正しいシャンプーのやり方

シャンプーを選ぶ

シャンプーは髪の毛だけでなく、頭皮の汚れや皮脂を落とすことが大切です。しかし、市販のシャンプーの中には、洗浄力が強すぎるものが多くあります。

そうなると、髪や頭皮に必要な油分まで取り去ってしまい、髪がパサパサになったり、頭皮がかぶれてしまったりと、トラブルになってしまいます。

そこで、髪と地肌に優しく、負担がないように洗えるシャンプーを選ぶ必要があります。

>シャンプーの選び方について見る

1、ブラッシング

シャンプーをする前にブラッシングをします。絡まってしまっている髪をほぐすことで、シャンプーの泡立ちを良く出来ますし、髪の毛の汚れが落ちやすくなります。

ワックスやムースなどで固めた髪にブラッシングをすると、力が入り、頭皮を傷つけてしまったり、髪が抜けてしまったりするので、注意しましょう。

2、シャワーで髪を流す

シャンプーをする前には髪を濡らすと思います。しかし、表面だけにシャワーを当てるだけになっている人が多いのです。

シャンプーの前にぬるめのお湯で、2~3分丁寧に流すようにしましょう。

そうすることで、シャンプーをしっかりと髪になじませることができます。水分がしっかりと含まれていることで、髪の摩擦を減らすことができます。

また、シャンプーをする前に、髪の汚れの約8割を落とすことができるのです。

シャワーのお湯が熱いお湯だと、油分が流れて乾燥しやすくなってしまうので気を付けましょう。

4、シャンプーを付けて頭皮を洗う

シャンプーを付ける準備が出来たので、ここから髪と頭皮を洗います。

まず、シャンプーの原液を地肌に直接つけないようにしましょう。頭皮への刺激を少しでも少なくして、洗い流しやすくするためです。

一度手の平にとって、軽く泡立ててから髪につけるようにします。髪全体になじませるように、揉み込んでいきます。

ここで、気を付けたいのが、髪の毛をゴシゴシとこするのではなく、頭皮を中心に優しく洗うということです。

頭皮の毛穴に皮脂や汚れが詰まっています。髪についている汚れは頭皮を洗う時につく泡で簡単に流すことができるのです。

髪をこすると摩擦によって、髪の表面のキューティクルがはがれてパサパサの髪になってしまいます。

5、マッサージをするように洗う

汚れを取ろうと、力を入れて爪を立ててしまうと、頭皮に傷がついてしまい炎症の原因になります。指の腹を使って、マッサージをするように洗うようにします。

頭皮を動かすように揉んだり、圧迫したりを全体的にしていくと良いでしょう。

マッサージをするように洗っていると、毛穴の汚れも取れやすくなりますし、頭皮の血行促進にもなります。

5、すすぐ

ぬるめのお湯で、しっかりとすすぐようにします。シャンプーのすすぎ残しがあると、それが毛穴に詰まって、かぶれやかゆみの頭皮トラブルの原因になってしまいます。

髪の毛がつるっとしてシャンプーが落ちたと思っても、頭皮にはまだ残っていることもあります。

3分以上は洗い流すようにしましょう。髪の中に指を入れて、地肌から完璧にシャンプーを落とすようにしましょう。

正しいシャンプーで髪のパサパサを改善しよう

シャンプーは美容院に行くと、丁寧にしてくれますよね?それは、シャンプーが髪と頭皮にとって大切な工程だからです。

正しいシャンプーのやり方をしていましたか?洗ったつもりになっているだけで、頭皮の環境を悪化させていたり、髪に負担を与えていたりしていたかもしれません。

シャンプーは髪だけでなく頭皮を洗うことが大切です。これから意識してシャンプーのやり方を見直してみて下さい。

毎日のシャンプーの正しいやり方の積み重ねで、髪のパサパサが改善しましょう。