いつも髪を洗った後、お風呂上がりの髪のケアは何をしていますか?乾かすだけの人もいるかもしれません。

髪のパサパサを改善するために、洗い流さないトリートメントの効果が高いということで使っている女性は多いのではないでしょうか?

では、どのような効果があるかは知っていますか?洗い流さないトリートメントの効果や選び方、使い方をご紹介します。

洗い流さないトリートメントの効果

洗い流さないトリートメントの効果は3つに分けられると言われています。

  • 傷んだ髪を補修する
  • 髪の内部に潤いを与えて保湿する
  • ドライヤーの熱や紫外線、ほこりなどの外的な刺激から保護する

パサパサになってしまった髪にハリやコシを取り戻すことができますし、これからダメージが加わりにくくもしてくれるのです。

>ドライヤーの熱から守る洗い流さないトリートメントについて見る

洗い流さないトリートメントの選び方

自分に合ったもの

人によって、髪質が違いますし、カラーやパーマをして傷んでいる、乾燥している、紫外線を良く浴びる、など髪の傷み具合も違うと思います。

また、テクスチャーも洗い流さないトリートメントはいろいろなものがあります。

洗い流さないトリートメントにも、それぞれの特長があるので、自分の髪に合ったもの、使い心地が良いものを選ぶようにします。

もし自分で分からなければ、美容院で聞くのも良いでしょう。

成分を見る

洗い流さないトリートメントには、中には頭皮や髪に残りやすくなってしまうものなど、トラブルの原因になってしまうこともあります。

天然由来の成分や無添加処方のものがおすすめです。頭皮の環境が悪くなってしまうと、健康な髪が生えてこなくなる、薄毛になるなどの悩みにつながります。

洗い流さないトリートメントのおすすめ商品

リシリッチ

リシリッチはクリームタイプの洗い流さないトリートメントですが、べたつくことなく、じっくりと髪の内部に浸透してくれます。

利尻昆布エキス、オーガニック植物オイルなど、50種類の美容液成分がたっぷりと配合された贅沢な洗い流さないトリートメントです。

ぱさぱさ、ゴワゴワを改善してくれます。無添加、ノンシリコンで安心して使えます。

>リシリッチの評価について見る

ラサーナ海藻ヘアエッセンスしっとり

ラサーナ海藻ヘアエッセンスしっとりは、一部ドラッグストアでの取り扱いもあるような、愛用者が多い洗い流さないトリートメントです。

水を加えず、美髪成分が詰まっているオイルタイプ。無添加処方で安心。

フランス産の海藻エキスがアンチエイジング効果が高く、キューティクルを集中的に補修してくれます。

>ラサーナ海藻ヘアエッセンスしっとりの口コミについて見る

ラフィー

ラフィーは人気のある美容院の美容師が考えて作り出した洗い流さないトリートメントです。

天然成分から作られている、髪につける贅沢な美容液と言えるほど、毛先まで潤うつやのある髪にしてくれます。

ノンシリコンで、髪のタイプに合わせてクリームとオイルの2つのタイプがあります。髪を知り尽くした専門家が作っているので信頼できますね。

>ラフィー洗い流さないトリートメントの口コミについて見る

洗い流さないトリートメントの使い方

毛先につける

洗い流さないトリートメントは、毛先から髪の真ん中までになじませるようにします。それは、毛先の方が枝毛や切れ毛など、ダメージが激しい場合が多いからです。

あとは、髪の根元まで付けてしまうと、頭皮にまでついてしまい、べたつく原因になります。

そして、頭皮にそのまま残ってしまうと、毛穴の詰まってしまい、臭いや炎症、抜け毛などのトラブルが起きやすくなってしまいます。

夜濡れた状態でつける

夜、髪を洗った後、タオルで水分を取った後、濡れた髪に洗い流さないトリートメントを付けます。その後に、ドライヤーでブローします。

そうすることで、髪に潤いを与えることができます。

朝のスタイリングの時につける

朝にも洗い流さないトリートメント使うと、髪がまとまりやすくなります。ミストタイプやミルクタイプなど、浸透しやすく、軽く仕上がるものが良でしょう。

乾いた髪につけた後、ドライヤーやアイロンでスタイリングすると、スタイルの持ちも良くなりますし、傷みを減らすこともできます。

オイルやクリームなど、重めのテクスチャーのものは、べたつく場合があるので気を付けましょう。

>洗い流さないトリートメントの種類について見る

たくさんつけすぎない

髪のぱさぱさを改善したいと思い、たくさんの量の洗い流さないトリートメントをつけすぎてしまう人がいます。

つけすぎてしまうと、頭皮について頭皮のトラブルの原因になることがあります。また、べたついてしまい、スタイリングがしにくくなることもあるのです。

それぞれの洗い流さないトリートメントで目安の使用量が記載されているはずです。まずは目安の量をつけて、それでも足りなければ、少しずつ増やしていくようにしましょう。

洗い流さないトリートメントの使用期限

洗い流さないトリートメントにも使用期限があります。通常は、未開封のもので約3年と言われています。

一度開封したら、なるべく早く使いきるようにしましょう。そして、高温多湿、直射日光は避けて、涼しい場所に保管すると良いでしょう。

使用期限が過ぎてしまうと、洗い流さないトリートメントも成分が分離、酸化することで、効果が見られないこともあります。

また、雑菌が繁殖してしまい、頭皮や髪にトラブルを起こしてしまう可能性があります。

天然素材を使用したものや防腐剤不使用のものなどは、さらに使用期限が早くなってしまうので、注意しましょう。

洗い流さないトリートメントを正しく使って美髪になろう

洗い流さないトリートメントは、髪を補修、栄養補給、保護の役目をしてくれます。その名の通り、洗い流さなくても良いので、手軽に使うことができます。

頭皮や髪に優しい天然素材で無添加処方のものが、頭皮や髪に優しく効果も高く見られるでしょう。

使い方は、たくさん使えば良いというものではありません。適量をとって、頭皮につかないように、毛先を中心に髪の中間部分までになじませるようにしましょう。

自分に合った洗い流さないトリートメントで、正しい使い方をすれば、ふんわりとつややかな美髪になれますよ。