髪がパサパサでまとまらない時に欠かせないのが、洗い流さないトリートメント。使用している女性は多いのではないでしょうか?

洗い流さないトリートメントは多くのメーカーから販売されていて、形状にも種類があります。

どのような違いがあるのでしょうか?洗い流さないトリートメントの種類について見てみましょう。

洗い流さないトリートメントの種類

オイル

洗い流さないトリートメントの定番といえばオイルなのではないでしょうか?オイルタイプは、ドライヤーやアイロンの熱から保護してくれる役割が強いものになります。

オイルタイプは、保湿性が高い成分が含まれていない場合が多いので、サラサラの指通りに仕上げたい人におすすめです。

切れ毛や枝毛などの髪のダメージがあり、ツヤを出したいという人に向いています。

ミルク

ミルクタイプの洗い流さないトリートメントは、スタイリング剤としても使用できることで人気です。

ミルクタイプは、油分以外の保湿成分や補修成分を多く含むことができるので、髪の修復効果が高くなります。

髪の毛がべたつかず、なじみが良く、使い心地が軽いのが特徴です。

クリーム

クリームタイプの洗い流さないトリートメントは、ミルクタイプと同様に、保湿成分や補修成分が多く含まれていて、髪の内部に潤いを与えてくれます。

クリームタイプの方が、ミルクタイプよりもしっかりとした使い心地なので、しっとりとまとまる髪に仕上げたいという人にはクリームタイプが良いでしょう。

ミスト

ミストタイプの洗い流さないトリートメントは、水に溶けている成分なので、成分が髪の毛に浸透しやすいという特徴があります。

その分、油分が少ないので、しっとりと重めの仕上がりが好みの人には物足りない感じがしてしまうでしょう。

ミストタイプは、夜にオイルタイプのものを使い、朝の寝ぐせ直しやブローやアイロンの前に使用するのがおすすめです。

ゲル、ジェル

ゲルやジェルタイプの洗い流さないトリートメントは、シリコンやポリマーなどの髪の毛をコーティングしてくれる成分が含まれていることが多くあります。

シリコンは髪や頭皮に悪影響ということで、ノンシリコンタイプのものが流行りですが、傷んだ髪の毛のキューティクルの役割をしてくれるので、傷んだ髪には効果を発揮してくれます

>シリコンの効果について見る

自分の髪に合わせた洗い流さないトリートメントを選ぼう

いろいろなタイプのものがある洗い流さないトリートメントですが、使い心地だけで選んでいませんでしたか?

確かに、自分の好みのテクスチャーがあるとは思います。しかし、それぞれの特徴があるので、自分の髪の状態やどのように仕上げたいのかによって、種類を選ぶとそれだけ効果が得られやすくなります。

これから洗い流さないトリートメントの選び方を変えてみたり、使い分けてみたりして、自分に合うもの選ぶようにしましょう。

髪のパサパサが改善しやすくなりますよ。