洗い流さないトリートメントを毎日使うという人は多いと思います。そこに良い香りがするものであれば、気分が上がりませんか?

ふんわりと髪から良い香りがするのは、女性の理想なのではないでしょうか。

洗い流さないトリートメントはいろいろな種類があり、香りもいろいろあります。良い香りを持続させる方法を調べました。

洗い流さないトリートメントと髪の香りの関係

洗い流さないトリートメントの効果には、髪を補修したり、保護したりするというものですが、髪にタバコや煙の嫌な臭いが付かないようにするという効果もあります。

髪は本来、キューティクルに覆われていて、外からの刺激から髪を守っています。しかし、髪が傷んで、キューティクルが剥がれた状態になっていると、においも付きやすくなってしまい、取れにくくなってしまうのです。

そこで、髪を補修して、髪を保護する役目のある洗い流さないトリートメントを使用することで、嫌な臭いが付きにくくなるのです。

香りが人気の洗い流さないトリートメント

洗い流さないトリートメントには、香りがついているものが多くあります。香水のような甘い香りがするものもあれば、天然素材でさわやかなハーブの香りがするものもあります。

毎日使うものなので、自分の好みに合うものを選ぶと良いでしょう。

香りが人気の洗い流さないトリートメントを見てみましょう。

リシリッチ

柑橘系の香りでリフレッシュできる香りがするリシリッチ。爽やかな香りなので、誰にでも受け入れられやすいでしょう。

50種類の美容液成分配合で、クリームタイプですが、べたつきがなく、しっとりとした髪になります。

無添加、ノンシリコンで髪にも肌にも安心して使うことができます。

>リシリッチの口コミについて見る

ミルボン エルジューダエマルジョン+

ミルボンのエルジューダシリーズは、それぞれに香りがあります。ミルクタイプでしっとりサラッと仕上がる、人気のエマルジョン+は、甘めのベリーの香りです。

女性らしさをくすぐるような香りが人気です。

美容院でも使用されていることが多いミルボン。保湿成分や補修成分が扱いやすい髪に整えてくれます。

>ミルボンの洗い流さないトリートメントについて見る

ロレッタプレミアムベースオイル

優しいローズの香りに包まれることで、人気のロレッタのプレミアムベースオイル。ロレッタの香りは、天然素材を調合することで出来ていて、こだわりが詰まっています。

女性らしさの象徴ともいえる高級ローズの香りが、リラックスもさせてくれます。

リッチな保湿効果があるので、しなやかにまとまる髪になれます。

>ロレッタの洗い流さないトリートメントについて見る

香りを持続させる方法

髪をしっかりと洗う

髪や頭皮に汚れが付いたままになっていると、雑菌が繁殖してしまって、臭いや頭皮のトラブルの原因になってしまいます。

頭皮からの脂の臭いがしていると、洗い流さないトリートメントを付けたとしても、良い香りが活かせません。

しっかりと頭皮の汚れも取りながら、シャンプーを正しく行って、すすぎ残しの無いように、しっかりと洗い流します。

>正しいシャンプーの仕方について見る

髪を乾かす

髪をタオルで拭いたあとには、すぐに乾かすようにしましょう。そのままにしておくと、雑菌が繁殖してしまって、嫌な臭いの原因になってしまいます。

タオルドライをした後に、洗い流さないトリートメントをなじませて、ドライヤーで乾かします。

髪をケアしながら、保護されるので、嫌な臭いもつきにくくなり、良い香りも持続しやすくなります。

洗い流さないトリートメントでいい匂いの髪にしよう

ふんわりと香る、きれいな髪の人は女性らしくて良い印象を与えます。そんな髪に、洗い流さないトリートメントは役立ちます。

嫌な臭いが髪についてしまうのは、髪が傷んでいるせいもあるとのこと。洗い流さないトリートメントは、髪を補修してくれるので、髪に嫌な臭いが付きにくくなります。

そして、清潔な髪と頭皮の状態にしてから洗い流さないトリートメントを付け、ドライヤーで乾かすことで、良い香りが持続するようになります。

香りにはいろいろな種類があるので、自分の好きな香りのものを選ぶようにしましょう。洗い流さないトリートメントで香水よりも強すぎず、優しく香るいい匂いの髪を目指して下さい。